| トップページ | カテゴリ一覧 | Haruhiko,Hitomi,Ryosuke,Naomi の 四人言 |
1034件中 96-100件目
←前   10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29  次→
  美葉  2020/07/24





















木立ベゴニア「ジニー銀河」
白の班が不規則に入りとても美しい品種です。

しかしこの斑ですがDNAのなせる技では無いようで気がつくとだんだん消えていきます。
素質ではないので仕方ないですね。

斑のある枝を順次挿し木してバックアップをおすすめします。

ジニー銀河とは異なりますがこちらは「ジュラウ ぼっち」
赤葉で綺麗なストライプの葉ですがこれは新芽。
あとは緑色になるようです。

なので継続したければひたすら新芽を挿し木していくことになりますね。

そしてレックスベゴニア「ベニトチバ」
ジュラウぼっちを見たとき「ベニトチバ」が浮かびました。
こちらは日本人作出の美葉種。

気温の変化でシルバーが強くなったり赤が強くなったりはしますがとても育てやすいベゴニアです。

ちなみに木村園芸には「ベニトチバ」の枝代わりの「クロトチバ」があります。
形は「ベニトチバ」と同じで黒い葉色に「クロトチバ」と名付けました。

-ひ-

  七つ道具  2020/07/23
水筒はぬるい白湯、タオルハンカチ、そしてワセリン。

これが最近の携帯品です。

汗が瞼にたまり、「ヒリヒリ」しだすと梅雨も終盤。
夏が始まります。

「ヒリヒリ」を押さえるのにワセリンが効果的。

-ひ-

  七つ道具  2020/07/22
向かって右から「ボールペン」、「油性ペン」、「色鉛筆」、「鉛筆」です。

私の胸ポケットに常駐している「メンバー」です。


沢山の品種があるが故にラベルへの記入も膨大です。
「種」の保存目的は「鉛筆」もしくは「色鉛筆」。

この「色鉛筆」は削らなくても芯が出ます。
これは使い易い。

難点は細かい字は書けないことですね。
最近は「色鉛筆」の出番がとても多い。

勿論「油性ペン」もかなりの活躍です。

必需品です。

-ひ-」

  斑点  2020/07/21
斑点好きの方にはいいかもしれませんね(笑)

赤い点々は「ピンクスポットルッツエルナ」

白い点々は「フラミンゴクィーン」

どちらも木立ベゴニアです。
勿論花も咲きます。

この斑点ですが半日陰くらいの方が美しいようです。

-ひ-

  アサガオとフウセンカヅラ  2020/07/17
種から育てた「アサガオ」とショートカットして苗からの「フウセンカヅラ」です。

「アサガオ」はそろそろ開花の時期。
「フウセン」もつき始めました。

「フウセン」も可愛いですが種が可愛い。「ハート」なんです。

今年はちゃんと種ができたら来年まで保管しなくちゃ。
園芸初心者にはどちらももってこいの植物。

「アサガオ」の観察は小学校1年生の課題でしたよね。

当時観察日記つけるのはとっても面倒でしたがこの仕事に身を置いてから観察の大切さは痛感しています。

-ひ-
1034件中 96-100件目
←前   10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29  次→